琵琶湖うえんつガイドサービスBlog
2009/06/30(火)15:50
先日6月26日に友人を「なんちゃってガイド」して来ました。

まずは朝一、7時スタートして向かった先はカネカのシャロー
ここはトップウォーター場なのですが
7時で魚が出るかは微妙
朝イチなのに周りは1オンスやマット撃ちしてる^^;

とりあえず友人は初心者
ベイトも投げられなければ
海の投げ釣りは出来てもライトリグのキャストも微妙
少し重めのビッグカーリーグラブでグラビンバズを指導
まぁなんとか投げられる・・・^^;
私は伝家の宝刀ポップR!
これが私の得意技で他のトップは
あまり使いません。

しかし魚は出ません。

そこで
一気に北へ!

まずは長命寺沖
ココは魚探掛けがメインなのですが
4.5mラインに漁礁が沢山あって
それにマーキングしながら釣ってみますが
まだ少し早いのか?
もう1艇バスボがいましたが釣れてませんでした。
そして次の場所へ

沖の島です。
この時期に魚の付きそうな場所として
スポーニングエリアのワンドから沖へ近い岬
そしてウィードフラットへ面している岬なのですが・・・

まず釣れたのは私ですが20cmのバス
でも北のバスは結構引いて楽しませてくれます^^

ここはジグヘッドですが
ウィードにひっかけて落とす
その作業を教えながら教えながら・・・
釣れました!
090626_ガイド
ちっちゃいですけど1年ぶりのバスに喜んでくれました。
まだドラマが待ってるとは知らずに^^


でも、こんなんで喜ばれては
いくら「なんちゃってガイド」とは言え私のプライドが許しません
ってそんなにプライドはありませんが^^;

少しワンドの中に入るけど釣れず
バスはもう少し夏を意識して岬の外側の水通しの良い場所へ動いてる?
そう思いながらワンドの外へ流して
そのまま北風に流されながら
水通しの良いウィードフラットを流していく

すると出ました!
私に!
50cm切れるぐらいの魚です
その後も夏らしい場所を探しますが
魚は出て来てくれず

南湖へ帰る事にしました。
向かう先は南湖の南のウィードフラット
ここはウィードが伸びれば夏の場所で
伸びきる前はアフターの場所で
デカバスをストックしながら回遊してくる場所です。

ココを山立てポイントに合わせながら北風流し
すると釣れたのはまた私ですが
35cmぐらい

そして
ついに彼に・・・
キタぁぁ!と言った瞬間にデカバスが水面に
デッカイ口を開けてヘッドシェイク!
その瞬間にバレてジグヘッドは私の胸に飛んできましたが
私には水面でヘッドシェイクするデカイ口が鮮明に焼きつきました。
あれは確実に55オーバーで
もしかしたらロクマルあるかもしれません。

そっからプチラッシュです。
その次の私のキャストに出ましたゴーマル
そして5分後には彼にデブっちょゴーマル

090626ガイド 001
初のデカバスに興奮状態^^


そして私にヨンゴー
また私に出ましたが・・・ヨンパチぐらいでしたが
ハンドランディング中に

プチっ!って音を残し
水面ぎりぎりにラインブレークに気付いてないバス
すかさず握ろうと口に親指を突っ込もうとしたら
突っついてしまって逃げられました^^;

仕方なくというか念の為というか?
今からネットを準備したら釣れなくなるよなぁ~なんて
言いながらネットを出すと
ラッシュは終了でした。

そして
風が完全に止んで無風状態で
西陽の暑さと琵琶湖虫の襲来で
ストップフィッシングでした。


090626ガイド 002
この他にもサンゴーとヨンゴー
まずまずの釣果が得られたナンチャッテガイドでした^^
スポンサーサイト
2009/06/25(木)19:03
今回は先日のBAIT第2戦の動画を

集めてみました。

私も端っこぐらいには映ってるかも?














2009/06/23(火)15:11
6月13・14日のBAITトーナメントと14日(日)同時開催の京都チャプター

今回私は気合を入れて?
BAITだけのエントリーで2デイズのトーナメントを楽しんできました。

まずは11・12日にプラクティスに入ると
ネストは少なくてサイトだけではプランが難しい
それは2デイズだから尚更
バックアップパターンも持っておかないといけないと思いましたが
明確なバックアップパターンは見つけられす
最悪の時は過去の経験で今の時期の場所に入らないとならない状況でした。

初日


スタート前
まもなくスタートです。

庄司プロ
一番フライトは前回優勝の庄司プロ

田中プロ
2番フライトは前回2位の田中プロ

中村プロ
前回3位の中村プロ

平石プロ
前回4位の平石プロ

廣江プロ
前回5位の廣江プロは先代の庄司艇で出場されてます。


私は第1戦の成績から14番フライト
さぁどこに行こうか
まだ迷ってます。
多分あそこに行けばキーパーは取れるって場所や
不確定だけど大きいのも混じるかもしれないけど・・・
ってな感じの場所はあるけど・・・

ふっ切りました自分の釣りで勝負します
すなわちサイトです。
見つけている魚は少ないけど
それを全部取るつもりで行きます!

まずは雄琴の北ワンド
ここは前日に不覚にも釣ってしまった場所で
メスが喰って軽く50cmを超えて2キロ以上ある魚の場所
オスは45cmぐらいでオスは喰わせていない
そのペアが守っているネストなのだが

いた!ペアで残っている!
しかしメスは喰わない上に
オスも警戒心が強く見えるか見えないかの距離を取っても喰わない。
すぐ南のウロつきロクマルがいたポイントに入ったら
今日もウロついているけど警戒心強く遠くから見つけても逃げていく

コイツらに今時間をかける時ではないと判断して移動
木ノ浜シャローに入るが・・・見つけていたネストの近くにオカッパリ・・・
多分見えてないと思うけど偶然釣られてしまうかも?
別のネストは風で見にくい・・・というより本当に一瞬しか姿を見せない

すばやく見切って
いざ北へ行く!行先は沖の島!
普通は小学校ワンドがスポーンの定番ポイントだが
そこは今の時期は禁止エリア
そして堀切も今大会は禁止エリア
なのでシークレットポイントに一つだけ
それも3mラインに見つけてあって
他にも沢山のネスト跡がある中での釣り残しのネスト
前日に3回喰わせてフッキングせずに置いていたから簡単なはず
が・・・いない・・・誰・・・釣ったのは・・・(ToT)/~~~

参った・・・正直言って白旗状態だった。
もう僕には何もない(+_+)
無理にテンションアゲアゲで南に戻る・・・と!
ピーピーピー!!
オイルアラームが!
そろそろかなって思っていたから
北湖の長命寺沖でオイル補給するのだが
ベタ凪もベタベタ
これなら西岸に行くか?
そう思って走ったのが松の浦
ココは前回大会もプラで見に来ていた場所で
ネストはあるけど近くでウェイクやジェットをやるから
釣りにくいし日曜日は避けたい場所
でも今日は土曜日・・・魚は・・・
いるけど・・・・ってな感じで見ていくと

いた!デカイのがいた!よっしゃぁ!釣ったるでぇ!
キターーーーーーーーァ!
ウェイクボードをしてる人達がキターーーーーーァ!


ヤバイ早く釣らなくては!

でも状況としてはネストの位置が2m60から70の水深で
オスは50cm切るぐらいでメスは50cmを超えている
まだネストに卵は無いのかオスも離れがちだが
必ず戻ってくるしメスもネストの上を横切る

この状況でウェイクの波の中で
正直言って何回も喰わせましたが感覚が分かりません
ただ何回も私の心眼ルアーがズレて帰って来る
やはりオスが喰ってるのだが・・・
およそ1時間経過して9時45分
ウェイクの波もあるし少しずつ風出てきている
残された時間は15分ってところかぁ
多分10時には風が吹いてくるぞぉ
ってな事を思いながらキャスト!

あら?
ミスキャスト
と言ってもネスト位置の一番手前に落ちてしまって
その向こうにオスがいたのだが
ピックアップすると手前のウィードに軽く引っかかり
ウィードを切るようにプンッと外すと微妙な手応えが・・・違和感を感じて

フッキングぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!
キタァッァァァァァァァァァァァァ!(>_<)
それもデカイィィィィィィィィィィ!
なんと見えないところでメスが喰ったのだぁ!
何度もいわされそうになりながら上がってきたのは
2キロのハカリを振り切った!

ふぅ~・・・(^。^)y-.。o○タバコが旨いぜぇ
ってな事してる場合じゃぁない!
オスを釣らなきゃ!

すぐにリグり直してポイントの上へ行くが
いない・・・待つけどいない・・・
もう少し待ってみようか・・・ウェイクの波の上で
少しずつ強くなる風の中で
待てども待てども・・・

時間切れ
北風が強くなってきました。
北風をプロテクトするワンド内での風ですから
沖に出るとババ荒れって事もあり得るので
ビビりーの私は撤収する事にしました。

戻ってスグに再度雄琴北ワンドに入ると
やはりペアで残っています。
でもメスは逃げ回り私が見つけた時には向こうも私を見つけていて
一度だけルアーをニラミ、口を開きましたが威嚇だけで
ルアーは口の中に入らなかった。

今までのサイトで一番距離を取ってネストを見ていると
ネストに何となく影が入った気がする
少し色が変わったってな感じでキャストすると
軽くティップが重くなってフッキング!
上がってきたのはオスの方で約1キロ

これで3キロは超えた。

でも僕のプランは全て終わった。
木の浜に行っても風とオカッパリで終わっているだろうし
って事で下物沖に入る事にする。

場所はシナ漁港沖のロックハンプで
アフターの魚が付くであろう場所を目指す
すると船団なのだ・・・
そこで友人のコマ○君に会うのだが
庄司プロは1キロ近い魚を計ってはポイしてましたよって
いらん情報を聞いてしまって凹む。

しかし人の釣果を気にする前にリミットメイクが先である。
そこでアフターの釣りをして行くのだが
サイトで通して来た私にはリズムが合わなくて
全くノー感じで釣っていると釣れちゃった^^;

約500gである。

あと2本・・・。
ひたすら釣るが当たらないのだ
エビモパッチの中を通したり撃ってみたり
その周囲を通したり撃ってみたりしても
何も当たらない。

チョットしたミスでバックラッシュした時に
直してから巻いてみると微妙に重い・・・

フックアップ!
しかし・・・上がって来たのは31cmの約300g
とりあえずリミットまで1本!
なんでもいいから1本!

待てよ?
今、何もせずに置いておいたら喰ったなぁ・・・
まさに神が降りてきたと思った!
そうか!ほっとくのか!
テンションアゲアゲでキャストしてほっておく

テンション上がってるから待ちきれないから
タバコでも吸う(^。^)y-.。o○

(^。^)y-.。o○まだかなぁ

(^。^)y-.。o○まだかなぁ

(^。^)y-.。o○まだかなぁ








待ちぼうけでした(-。-)y-゜゜゜

そして1日目を終了

090614BAIT#2 007

私の1日目のウェイトは?
4030gで14位


まぁ真ん中であるのだが
明日の魚の約束が全然無い私に残された手段は
バンザイアタックのみ\(^o^)/
思いつく場所と思いつく方法を全てやるだけだ。

そして2日目

全てやりきった。
北の松の浦にも行ったし別のところも行った
雄琴北ワンドの残りメスもいたけど歯が立たなかったし
雄琴南のフロリダも3匹ほど見つけたけど
オカッパリがいたのと2匹は手ごわかったし

カネカ沖に入ったら目の前でプライベーターに50アップを釣られたし
赤の井沖でもレンタル少年に釣られたし
下物沖でもレンタル少年団が2人で2本も目の前で釣られたし

沖のギルネスト台地には
ギルを食べに来ているバスはいたけど
こいつらは見ていては釣れない

その周りでもチャプター参加者に釣られたし

最後は大藪プロに出会って話をしている最中に
思いっきりカッコイイフッキングを決められて1キロフィッシュを釣られて
それでリミットメイクだったらしいし

そんなこんなで時間切れ
完全試合でした^^;

同時開催の京都チャプターでは

090614BAIT#2 016
MADさんがグッドフィッシュを持ち込んでいます。
暫定1位です^^

090614BAIT#2 017
カメラマンは京都チャプター第1戦優勝のレイクX氏
MAD氏はX氏からネコリグ指導を受けていたのだが
それが結果をだしたのか?

090614BAIT#2 026
我がマリーナのドラゴン長谷川氏
イイ魚をもちこんでいますよぉ~
暫定で何位かなぁ・・・^^090614BAIT#2 038
おぉ!暫定5位です!
前回に続いてお立ち台ですかぁ!?

090614BAIT#2 061
残念でした^^;
残りのウェインが進んでウェイトが抜かれてしまいました。
チャンチャン♪

090614BAIT#2 064
でも・・・お米をもらってゴキゲンのドラゴン氏でした^^

090614BAIT#2 087
京都チャプターの上位5人です。
MAD氏もめでたく入賞です。

090614BAIT#2 085
MAD氏は2位でした。
やはりネコリグと、その応用だったようです。
090614BAIT#2 036
BAITのウェインも始まりました。
御存知の方も多い田中プロ
前回2位でしたので期待は大きいです。
初日は7キロ超えでしたが・・・

090614BAIT#2 034
私の目の前で釣った大藪プロです。
湖上で会った時の話では貝捨て場で既に
8キロ釣っているとのことでしたが・・・

090614BAIT#2 022
琵琶湖の仙人といえる下野プロです。

090614BAIT#2 041
なんじゃこりゃぁ!

090614BAIT#2 044
ギャラリーも注目です。

090614BAIT#2 042
注目の庄司プロのウェインです。

090614BAIT#2 047
デカイ!!!!

090614BAIT#2 060
14970g!15キロです!
30ポンドを超えてますから
もしかしたら世界記録かもしれません!

090614BAIT#2 073
BAITのトップ5です。

090614BAIT#2 074
今回も入賞!5位の田中プロ

090614BAIT#2 075
4位は見せつけられた大藪プロです。

090614BAIT#2 076
3位は頼末プロです。
なんと初日は庄司プロより釣ってるんです!

090614BAIT#2 078
2位はご存知パンチ上田プロです。
もうすぐパンチ上田プロのDVDが出るそうですので
パンチを習得したい方は是非買ってくださいね!
もちろん私も買いますよ!

090614BAIT#2 080
今回偉大な記録を打ち立てた庄司プロです。
初日10160g、2日目14970g
トータル25130gにビッグフィッシュ4260g



今回のBAITの庄司プロの記録は
琵琶湖レコードであるのは間違いないのですが
もしかしたら世界記録なのかもしれません。
2デイズのトーナメントで25キロ超え
アメリカで2デイズで50ポンド超え
単日でも14970gは30ポンド超えです。
調べてみたいと思います。
2009/06/08(月)22:13
釣りをする上でキャップは絶対に必要です。
ルアーから頭を守る
夏の強い日差しから頭を守る
など様々な理由がありますが
そのキャップにもいろんなものがありますよね。

各メーカーのロゴ入りのキャップ
正直言って高価ですし
なかなか気に入ったものが無かったり
頭のサイズに合わなかったり

私も頭のデカイ人間ですから
最近のキャップはサイズが合いません。

DSCF1726.jpg


私はレンジャー乗りですから
レンジャーキャップがメインになっています。
写真のレンジャーキャップは世界に一つ
私の手作り?

キャップ自体は500円で京都の新京極で買ったもので
それにヤフオクで見つけた1000円のレンジャーワッペン
これを縫い付けると結構難しかったりしますが

手芸用ボンド!

これがスグレモノで
見た目は木工用ボンドみたいですが
布生地用なのです。

ワッペンにタップリと塗り
貼り付けて洗濯バサミなどで1日以上置いて
乾燥したら出来上がり

あなたも自分専用の世界に一つのキャップを作ってみてはいかがですか?
2009/06/03(水)23:09
柏原たみ

柏原たみさん


皆さんは御存知でしょうか?
日本のレディースバスプロがアメリカのバスマスターズに挑戦している事を
Women's Bassmaster Tour
これに挑戦し続けて成績を残し奮闘中のバスプロがいます。
柏原たみさんです。

写真の通り、素敵なレディでありながら
ごっついバスを釣る方で
以前、彼女の釣りをしている動画でスキッピングをしているところを見た事がありますが
私なんかより凄い腕前です←比較するjのが間違い^^;

その柏原たみさんはトーナメントの前日
ようするに明日から3デイズのトーナメントに出場されます。
http://sports.espn.go.com/outdoors/tournaments/wbt/index
こちらをウェインの時間に合わせて見てもらえれば
リアルタイムにウェインが見れるようですが
日本時間で4時か5時ぐらいで
ウェイン自体も1時間ほどあるようで
過去のウェインを見てみると1時間半ぐらい?
#2(第二戦)のDAY1のウェインを動画で見ると
柏原たみさんは1時間12分か14分のところで出て来られました。

皆さんも柏原たみさんを応援してくださいね\(^o^)/

ちなみに彼女のブログは私もリンクさせて頂いておりますが
http://megabass.co.jp/topics_list.php?pkind=2&monitor=49
↑click here
2009/06/01(月)19:25
5月31日琵琶湖オープン第二戦に出場しました。
私にはサイトフィッシングしか戦略が無い
アフターの魚の練習をしていない
アフターの魚はサイズが読めない
そういう考えでサイトで戦う事に決めました。

30日のプラクティス
天気は30日31日ともに曇りの予報で
雨も混じりそうでしたので
微妙な気分の中で30日のプラに入りました。

2週間後に控えたBAITの第二戦のプラも兼ねて北へ
まずは和邇へ直行
ネストはありますが魚が非常に少ないしプレッシャーのせいか
ネストの上にロックしない魚ばかりで釣りにくい事が分かりましたので
次は西岸を北上して行き、以前少しだけ北に行った時に見ていた場所で
スポーニングが行われそうな場所に行ってみました。

地名は不明、喜撰川?の少し北
地質的にはスポーニングが行われてもおかしくない感じなのですが
全くネストの跡すらなくて魚もみえず更に北上

次は松の浦
ここはネスト跡とオスらしき魚を見る事が出来ましたが
数分後、水上バイクの方が浜からバイクを降ろしていたので
明日の日曜日は水上バイクが来る事が予想出来、パスするしかありません。

そして更に北上して大溝の水上警察北側へ
ここも有名なスポーニング場所
入るとすぐに魚を見つけましたがアフターのウロつき君
ネスト跡もあるけど魚は釣られた後って感じで
少し深いところを見ればあるのかもしれないけど
曇って暗い状況では見つけられない。
エレキで少し深めの沖を流して行きますが全然いません。

更に北に新金丸橋に行こうとした時に雨が降り始めました
北湖の天気は変われば大荒れになりやすいので
迷いましたが大溝から南湖まで何分で走れるのか調べたいのと
荒れたら怖いのとで撤収を決めて南湖へ走る。

およそ30分でポパイワンドへ到着
エレキのワイヤーが外れていたのを直してもらって
南湖のプラ開始

すぐに前回のBAITで見つけていたフロリダの入るワンドへ行くけど
40ぐらいのウロつき君しか見つけられず北上
この頃から天気が回復してきてロータリーピアの少し深いところを見ようと行ってみるけど
全く見えず、浅いところをみるとアフターのウロつき君が数匹
そしてアクティバを流すけど魚は少ないうえに
見つけてもスグにウィードの中に隠れてしまい釣れる気がしない。
そのまま北上して60と50のペアリングを発見
ルアーに対する反応から今日は釣れないけど明日は釣れる気がする。
そのまま北上すると40ぐらいと50ぐらいのネストの魚を見つける
そんな感じでネストを名鉄までで4か所見つけて木の浜へ
なんとなぁ~く流すと結構いましたが
なんとなくギルネストの魚を喰いに来ている魚かネストか分からない感じ

その中には60クラスも結構いましたけど
多分釣れないだろうなぁって感じで
30センチぐらいのネストを数か所見てプラを終了

本戦当日
朝寝坊というか目覚ましのセットミス
まぁそれでも偶然起きたんですけどね^^;
前日からなんとなく乗り気がしなくて
家族とルーキーズでも観に行くか?なんて言ってました。

090531琵琶湖オープン 001
いやな雲が広がる中で憂鬱な気分でスタートです。


今にも雨が降りそうな中でスタート
すぐに名鉄北側のネストに行くけど
やはりネストの魚じゃなかったのか
時々通るだけで全然ロックしないし帰って来なくなった。
あきらめて次のポイントは雄琴北側
ここに入ろうとするとオカッパリが数人
仕方なく手前の40ぐらいのネストに入ると
なぜか60クラスの真っ黒の個体が何度も通る?
マジ?これはチャンス?
気持ちだけ距離を取って黒い影が見える時だけキャスト
一度だけルアーの10cmぐらいで止まったけどバイトしない
そして降りだした雨、それもレインウェアを着ないと辛いぐらい
レインウェアを着て再度挑戦
水中が見にくい状況で黒い影が通る
ルアーが動いたラインが少しだけ走る
フックアップ!
しかし、それほど重くない
上がってきたのは35cm約500gのオス
その後、黒い影は出て来ない。

すぐ近くに見つけていたネストは
見えにくいし魚もロックしないためにあきらめ半分

ふと南側を覗いてみると
オカッパリがいなくなっている
これはチャンス!
すぐに入る、ここは60・50のペアリング場所
しかし60クラスは見えず50後半の魚が時々見える
雨のせいで少し濁っているから
時々しか見えないけど
それは魚からも同じ
そう信じてキャストするとラインが30cmほど動く
うりゃ!スカッ!ってフッキングミス^^;

しかし確実に喰って走った
これは釣れる絶対釣れるただ見えにくい
そうしているうちに岩の陰やウィードの影が全てインプットされ
時々現れるそれらと違う影が見分けがつくようになってくるのだ。
これはサイトフィッシングの極意と言える(勝手に私が思っているだけかも?)

そして、また動いた!
フッキングぅぅぅぅぅぅ!
デカイ!重い!走る!
上がってきたのは57cm2kgのハカリを軽く振りきる魚
もう興奮しまくり!
この時点で9時半!まだ時間はタップリある!
でも、もう昨日見つけた魚はいない
もう少し見つけていたはずだけど
忘れちゃいました^^;

さて、この浜に行くか!東風だしイイはず!
と思って行くと・・・べた凪・・・水面は鏡のように水の中は丸見え^^
そして見ていくと40あるように見えるけど・・・
釣ったら31cm370gでした^^;

この頃からメッチャ晴れて来て
レインウェアどころかTシャツ一枚になる暑さ

その後も見つけては釣り、見つけては釣り
でもサイズアップせず25cmのネストまで釣っちゃいました^^;

ふとタバコの吸い殻を缶に入れて見直すと
そこにいたのは50オーバーのウロつきちゃん(メス)
これは!極秘メス釣法だ!とばかりにキャスト!
でもこれが今までに成功したのは1度だけ!
その2投目!決まった!ウロつきちゃんは反射的に口を使いました!

これがメッチャ引く!エレキに巻かれて
あわやラインブレークという事態になりましたが
なんとかネットに納めて静かにガッツポーズp(^。^)q
これで確実に4キロ超えて5キロ近くあります。
1匹35cmの500gぐらいの奴を同じ2キロオーバーに入れ替えられたら
お立ち台が見えます・・・・。

しかし、探せど探せど・・・デカイ魚はいませんし
いても逃げ回って1500gぐらいの魚もいましたが釣れませんでした。
最後に名鉄を再度見て回りタイムアップ

5160gで13位でした。
090531琵琶湖オープン 002
メッチャでかいでしょう!


6キロ釣らなきゃお立ちに上がれない
6キロ釣ってもお立ちに上がれない時もある琵琶湖オープン
5キロ以上釣った人が10人以上いるんですから
スゴイレベルですよね^^;

090531琵琶湖オープン 005i
いつかお立ち台に立ってやる!

090531琵琶湖オープン 008
10位以内に入ると簡単なインタビューがあります。
まずはコレが目標かな^^;

090531琵琶湖オープン 010
今回のトップ5です。

1 森田哲広  3匹  7340g アークロイヤルボートクラブ
2 縣 智丈   3匹  6980g パークマリーナ
3 喜多雅英 3匹  6120g マリーナフレンズ
4 松中 涼 3匹  6000g イシヅカマリン
5 上田安廣 3匹  5750g アークロイヤルボートクラブ
ね!あと1匹2キロフィッシュどころか1500gの魚1匹でお立ち台でした。

090531琵琶湖オープン 011
知る人ぞ知る上田プロです。
久しぶりのバストーナメントじゃないですか?

090531琵琶湖オープン 013
Rookiesです^^

090531琵琶湖オープン 015
本日ゲットの商品・・・参加賞含む^^;


FC2カウンター

プロフィール

うえんつ→ちょいナル親父

Author:うえんつ→ちょいナル親父
はじめまして
ちょいナル親父です。
バスフィッシングに
関することイロイロ
紹介したり釣果や
トーナメントの結果など
様々な情報をアップ
したいと思います。

マイボート
 Ranger Z20
好きな釣り
 テキサスリグ
 クランクベイト
 ジグヘッドリグ
メインレイク
 琵琶湖


ブログランキングに参加中!ご協力お願いします!



バスフィッシング好きな方は
↓ポチっとクリックしてください。↓

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ





忘れないで欲しい
でも笑顔も取り戻して欲しい

bnr_getnet.gif
1800312_286349024850711_1220217576_n.jpg

主な成績
サイトメニュー
最近の記事

最近のコメント
月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Amazon

ブログ内検索

リンク
ガイド申し込みフォーム

琵琶湖うえんつ
ガイドサービス
是非とも一度御利用下さい。
琵琶湖のバスフィッシングを
一緒に楽しみましょう!
初心者大歓迎です。
ベイトリールの投げ方から
ラインの結び方など
教わりにくい事から何でも
覚えて頂く事が出来ますので
まずは御相談ください。

スポンサードリンク


プロペシア(アメリカ版)1mg






 | ちょいナル親父のバス道楽TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
まとめ